KOKIの気ままな徒然ブログ

19年4月に営業職として社会に出て、4か月で未経験、第二新卒としてインフラエンジニアに転職。青二才ペーペーエンジニアです。キャリア×Tech×保守・運用×独り言、つまり何でも発信していきます。ほっとひと息ついて読むブログ。

私ってこんな人間です
未経験・第二新卒からのSE転職
保守・運用って地味で泥臭い仕事仕事
院生の文系就活は不利なの?

運用ってすごく定型化された仕事~ただの作業者にならないために私が心掛けていること~

f:id:Koki-Engineer:20191109084231j:plain

 

f:id:Koki-Engineer:20190822231810j:plain

この記事は、運用のお仕事ってどんな感じなの?という人に少しでもお役に立てたらいいなと思って書きました。

そもそも、どんな会社に所属しているかによって運用業務のやり方も変わると思うので、まずは私の立場について紹介します。

  1. 運用~保守までお客様から委託されて行う企業
  2. SEならおそらく知っている大手企業

こんな感じの企業にいる人が書いているという前提でこの記事を読んで貰えればなあと思います。

前回も似たような記事を書いていますが、今回はそのアップデートVerという位置づけになりますかね。

www.koki-engineer.com

簡単に私が普段どんな仕事をしているかというと、ざっくりこんな感じです。

  1. ネットワーク周りの依頼作業
  2. DNSドメイン周りの依頼作業
  3. AWS周りの依頼作業

例えば、「この拠点のこの拠点つなげたいからルーティングの追加・削除よろしく~」とか{DNSのレコードの追加、ドメインの情報変更よろしく~」等々のような依頼です。

こういった作業、すべてきっちり、かっちり、厳密に作業手順というものが決まっていて、その作業書(手順書?)に沿ってこなしていくだけなんです。試行錯誤というものはないです。

なんでかって?それは失敗が許されないからです。「お客様が〇月〇日にこの拠点にアクセスしたいから設定お願いします。」と言ってるのに「ルーティングの設定がうまくできませんでした」ってなったらお客様のビジネスに影響を与えてしまいますからね。失敗しないようにマニュアルを予め作成しておくんです。もう一つの理由としては責任問題ですかね。作業手順書というものを作成することで、いざというときに、この作業手順書通りに作業しましたので、こちらの責任ではございませんと主張することができます(もちろん、作業手順書の内容はお客様は確認済み)。こういうことはしっかり頭では理解している、理解しているんだけども、

f:id:Koki-Engineer:20190822231810j:plain

やっぱり、なんかつまらないよ~

作業書も弊社で検討して作成するわけではなくお客様、親会社がまとめてくれたものを使用します。(かなりベテランのレベルになれば、手順書作成の段階に絡めるかも?)

f:id:Koki-Engineer:20190822231810j:plain

ただ手を動かすだけの作業者じゃん!?果たして、これでエンジニアとしてのスキルは身に付くのだろうか。。。

最初はこう思ったのが正直なところです。このままではただ手を動かすだけの作業者になってしまう。SEとしてそれでいいのだろうか。考えて考えて考えました。。それこそ仕事中の時間も使って(笑)。

そうすると、あるときにふと

f:id:Koki-Engineer:20190822231810j:plain

ん?待てよ?失敗が許されない業務で使ってる作業書ってことはそれを自分で再現できるようになれば、スキルじゃないか?

ということで、今は、作業書にある全ての作業の意味を調べて自分の中に落とし込んで完璧に再現できることを目指して仕事に取り組んでいます。

  • 運用業務は作業手順がガッチガチに定型化されている
  • 手順書を自分で完全に再現できるように意識すると得られるものがありそう!!