KOKIの気ままな徒然ブログ

19年4月に営業職として社会に出て、4か月で未経験、第二新卒としてインフラエンジニアに転職。青二才ペーペーエンジニアです。キャリア×Tech×保守・運用×独り言、つまり何でも発信していきます。ほっとひと息ついて読むブログ。

私ってこんな人間です
未経験・第二新卒からのSE転職
保守・運用って地味で泥臭い仕事仕事
院生の文系就活は不利なの?

大学院で身に付けたエクセル・パワポ・プレゼンスキルは大きな武器!

f:id:Koki-Engineer:20190828072852j:plain

当たり前だったことが強みだった!

f:id:Koki-Engineer:20190822231810j:plain

はじめまして、kokiです!
この記事では大学院時代は当たり前だったけど、実は一般からみれば強みなんだと感じたことを書いていきたいと思います。

 エクセル操作

 理系院生のみなさんはエクセル操作を当たり前のようにこなしますよね。データ入力して、整理して、グラフ化にして、体裁を整えて等々。院生時代は周りも普通にやっていたし、当たり前の操作だと思っていて特段気にしていなかったんですけど、これ結構な強みです(入社したての段階の話です)。

周りの同期はただデータを入力してそれをそのまま貼り付けたり、グラフ化する人自体あまりいませんでした。グラフ化しても見にくかったり工夫をしている人は皆無でしたね。

f:id:Koki-Engineer:20190822231810j:plain

「えっ??」って思われる方もいらっしゃると思いますが、意外とみんな出来ない方多いんですよ。

スライド作成

 ここが大きな強みだったと思います。

  • 1ページに情報を詰め込みすぎない。1ページ1メッセージ。
  • グラフなど読まずに見て理解できる
  • スライドのデザインにこだわる(配置とか、隙間の間隔とか)

等々、院生時代に叩き込まれた基本が文系就職して強みだったと気づきました。スライドに関して先輩社員の方達から絶賛されたときはとても嬉しかったです。(院生時代にはこんなにも褒められたことなど一度もなかったので天にも昇る気持ちでした)

スライドを分かりやすく、見やすく作る感覚っていうのは一朝一夕で身に着くものではないので、大学院で鍛えられといてよかった~と思いました(笑)。

f:id:Koki-Engineer:20190822231810j:plain

あの頃の経験は無駄ではなかった。。。良かった。。。

プレゼンテーション

スライド作成同様、絶賛されたのがプレゼンテーションですね。大学院の頃に険しい雰囲気の中教授にボコボコにされたり、学会で発表したりと場数を踏んでいたので気付かないうちにプレゼンというものに慣れていたんですね。特に

これを身に付けられていたことが大きかったです。

そのため、先輩社員がどんなに大勢いても堂々とプレゼンできました。先輩社員からの質疑応答にも臆することなく、対応できていたため「本当に新卒??」というフィードバックも頂きました。(いやあ、このときも天にも昇る気持ちでした)

終わりに

私も文系就職するまで、それまで当たり前だったことが強みだったなんて気づきもしませんでした。環境が変わると当たり前が当たり前でなくなるということに気付かされた良い経験でした。

f:id:Koki-Engineer:20190822231810j:plain

当たり前って当たり前ではないんだな~~と